七草がゆ

作りましたよ!
七草がゆ・・・
  せり・ナズナ・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ・・
  これぞ七草


七草がゆ



小さい頃は、土手に生えていた・・あぜ道に生えてた・・クローバー

今は「セット」になって「スーパー」で売ってある・・・
日本の農業に不安をもっている人も多いだろうが
農業従事者にも「商魂魂」があるのではないだろうか

新鮮なもの
人の口に入るものだから、安全なものonigiri

作っている人も食べる
自分達が食べるのだから
安心して食べて欲しい・・・・・

作っているけど、自分達では食べない???
じゃ・・・なんか「おかしい??」

実家では米作rice農業をしていたのですが(今は近所の人に頼んでます)

昔は「飢餓」「不作」などのために、農家の人達は
1年分のコメを余分に保存していた(飯米=家で必要なコメ)
新米ができたら、来年コメが取れるかわからないから
コメを保存している。

大きな農家になればなるほど、農家の家では
新米を食べないface07

なぜなら、保存している「古米」を食べるから・・
1年前の新米も・・1年経ったら「古米」

実家の父は
「自分達で作った米、1年かけて作った新米を食べる!」
「おいしい!コメを作った」と自信があるから
美味しい時期に食べる!
(私達は農家では古米を食べていると・・知らなかったです・・
作っている人だからこそ、一番美味しいお米食べてると思ってました)

今だから思うのですが
父には「自信」があったんですよね
face05一番コメの味を知っている?幼い子供達が
「おいしい!」と言って、ご飯をお替りすることが
嬉しかったんですよね

子供達のために「安心・安全・美味しい」お米を
作ることが生きがいだったんですよねface02


去年の暮れ「偽」で締めくくった日本?ですが
「偽」だと気づかず?
「偽」だと気づきながら?
「偽」だが生きるためだと・・
「偽」仕方が無い・・慣例だと・・

以前はあぜ道にあった「草」をスーパーで売っている
農家の皆さんの「消費者」ニーズに対応した
心構えを?を見習って?ちからこぶ

広辞苑が第6版改訂版がでたそうな・・
「偽」の意味をもう一度読みなおし
理解しなおし、今年もスタートするとしますかね



タグ :正月

同じカテゴリー(生活情報)の記事画像
ビフォ〜アフタァ〜
ゲストハウスの個室
春の日差し?
春の雪
冬至 かぼちゃ
ケンミンショー 仙台市
同じカテゴリー(生活情報)の記事
 仙台シェアハウス (2012-07-25 13:58)
 ビフォ〜アフタァ〜 (2012-06-01 12:39)
 ゲストハウスの個室 (2012-05-29 22:04)
 春の日差し? (2012-03-03 10:03)
 春の雪 (2012-03-02 21:02)
 冬至 かぼちゃ (2011-12-22 12:01)

Posted by kyoko san at 2008年01月07日 11:44│Comments(2)生活情報
この記事へのコメント

素晴らしいお父様ですね。
自分の作ったものに自信と誇りを持てるっていいですね。
某菓子パンメーカーの社長さんは、自分の会社で作ったパンやデザートは絶対食べないなんて聞いたことがあります。
今年は「偽」のない、「真」の年であってほしいですね~♪
Posted by amia at 2008年01月08日 11:40

>amiaさん

ほんとに「真」の心・・ですよね

ところで?某菓子パンって・・・まさか、今日の朝に食べた・・・・????

って、思いたくないですよね

(父のことを褒めていただき感謝です)
Posted by kyokosan at 2008年01月08日 22:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
七草がゆ
    コメント(2)