土木遺産 野蒜築港①

  2010年7月3日

  宮城大学院生の方々宮城大学宮原育子教授らと

  宮城県内にある「土木遺産めぐり」を して来ました

  私などは・・
  「野蒜」ときくと・・

    「海水浴」「元旦の朝日」・・・そして 「海鮮」  と いうぐらい

  矢本で ブルーインパルスですかね~


  
  そんな 野蒜では

   今から130年前にとても大きな「国家プロジェクト」が
   行われていたのだそうです


   明治維新の立役者でもある「大久保利通」が

   「海運」「水産業」「貿易」は国民生活に欠かせないとして

  
  近代国家日本をつくるため 港湾整備をスタートする

  その「第1歩」が なんと!!「野蒜」だったと・・・・・・
   


























  ここは 野蒜築港跡 「北上運河」に近い「下の橋」
  この橋で「旧市街地」と「市街地跡」を結んでいたそうです


  このレンガ積みの手法は「イギリス積み」という
  強固なものだっそうです


  

























  橋げたは「3本」


  幅は広いのですが・・・


   明治時代なら・・馬と牛と人  ぐらいが 通るものだと思うので

  こんなに 橋幅が必要ではないかと思うですが


    自動車社会も見越していたのでしょうか?
   






  後ろにチラッと見えるのが  現在の 「トラック」です


  こうみても・・・橋幅があるのが わかりますか?




同じカテゴリー(散歩 & 旅 & 街角情報)の記事画像
少しずつ春
雪の日
雪かき
愛宕神社 復興
八木山に灯り
イービン
同じカテゴリー(散歩 & 旅 & 街角情報)の記事
 少しずつ春 (2012-02-07 00:12)
 雪の日 (2012-02-02 22:56)
 雪かき (2012-02-02 14:20)
 愛宕神社 復興 (2012-01-22 12:59)
 八木山に灯り (2011-12-04 19:42)
 イービン (2011-11-18 19:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
土木遺産 野蒜築港①
    コメント(0)