スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年03月30日

春を迎えて

別れと出逢いが目まぐるしい今日この頃


ズレや違和感が強く感じる


なんだろうか? 頑張ろうという自分と
頑張りすぎだよとブレーキをかける自分


正解?相手が望む正解に 近づけようと自分を見失うおそれに
焦りと不安を感じる



それだけでは無いだろう

このズレは 表面的なものではなく
基礎面でのズレだと


基礎面での小さなズレや歪は 放置しておけば

必ず 想像以上の破壊をもたらすであろう



今まさに 築き上げた蜃気楼を
現実のものできるか または 蜃気楼のまま 消えてしまうか



決断の年度末だろう


  

2012年03月29日

気づかない事

再び ご縁があって、ゲストハウスの住人様になった 元211さんから


3年前とは違いますねって 言われました


本人も3年前と変わってきた\(^o^)/と!成長⁇したのかな⁇



何が? と変わってきたたずねると

共有スペースに個人の私物が多いってf^_^;)



確かにね…あの頃はね~
私が結構 住人様と一緒にいる時間が多かったから

掃除やら片付けやら 口うるさく言ってましたね(^◇^;)



どっちでもいいです〜よって途中言ってくれましたが



それから、「それから、俺の背中を見ろ」っていう 兄貴さんたちが居たって(^_−)−☆


村上氏や林氏など 共同生活のルールやマナーを
背中で教えてくれたって~(*^o^*)


懐かしいね~


ぜひとも、その諸先輩から学んだ?事を
見せてくださいませよ


私にとって とても 思い出深い 方々の協力があって

今の私があり そして、今の方々があって 明日の私につながるのでしょうね




感謝です
  

2012年03月28日

役に立つということ

母の洋服や下着を探す機会が増えてきた


手や足にあった障害があるので
楽にきることができるか
または 肌に優しいか でf^_^;)さがすと

可愛くない 綺麗じゃない 美しくない


機能性重視でのデザインだ!


確かに トイレを考えたら、動きを考えたら
仕方がないのか。。。



でも。。。。。母におしゃれな服を
プレゼントしたい

気持ちが沈むんなかでも洋服から
元気になってもらいたい


朝ドラのカーネンションの影響かな(^_−)−☆


  

2012年03月28日

年度末って


 日本には 「年末」「年度末」「決算」など
 筋目があるなぁ・・・・・

 筋目を 重要にしてきた 日本なのかな??

 筋目って 大切なのかもしれないな~

 子どものころは、大人が決めた筋目に
 素直? 従い 終わりとはじまりに柔軟に対応できたのかな?

 今は、筋目って 曖昧かな?
 人によって 筋目の時期が違う
 大人になってからは みんなで 一斉のせって 「入社式」とかだけ?
 あとは「退職」って時期が異なるしな・・・

 その後は還暦とか・・・
 これも 若い人たちが しっかり 祝ってやるべきか・・・

 大きな筋目であろうが 小さな筋目だろうが
 筋目を 大切にしたいと
 思う

 
 
 「働くひとのためのキャリア・デザイン」金井壽宏先生の本(PHP新著)を
 今日は 読み返してみようと思う。

 なんとなく 日々を過ごしていると
 メリハリがなくなっている

 時々 キャリアカウンセラーとして
 某大学で 大学生の就職活動支援をしてきた

 あと1回で 終わりである

 久しぶりに 終わりを感じている今日この頃

 新鮮である

  


  

2012年03月26日

にゅうフェイス



入居時点では 布団だけの 六畳間ですよ〜

今日から また 新しい?入居様です


  

Posted by kyoko san at 13:53Comments(0)

2012年03月25日

書道芸術院展


第65回記念展
せんだいメディアテーク
会期 3月24日から3月28日まで

昨年は 震災被害で開催できず
展示予定の作品の一部は 津波でなくなりました。

それから約1年たち仙台で 東日本展が開催されました。

通常は上野美術館で開催されます。

書道はちょっとかなぁ〜って 思わず よかったら 見てくださいませ

様々な作品があり 見応えがありますよ
  

Posted by kyoko san at 19:04Comments(0)

2012年03月18日

最新 空き室情報





2012年4月から入居可能なお部屋一覧(更新)

2階


201
202
205
207


3階


304
305

306


上記7部屋 お問い合わせ 予約 受付中です


見学も随時受付してます。

新年度からの お部屋探しをしている皆さんからの
お問い合わせをおお待ちしておりますね

  

2012年03月18日

友人と再会

実家の近くで 幼稚園から高校まで 一緒だったの同級生に十数年ぶりに再会!

地元消防士だった彼のこの1年を約五分で聞いた

実家エリアは、震災時震度6強エリアである。
彼の家は全壊だったと。

しかし、消防士の彼は、任務で津波被災地へ。
妻の実家は、女川で、現在も義母が行方不明であるという。
また、震災後に同居の父親が 他界。

仮設住宅に住んでいるのではなく、自宅敷地内の農作業小屋を改装して
住んでいるのだと。真冬は室温が最高でも2度までしか上がらなかったと。
自宅の片付けを1人で行い、ようやく家を建てる準備ができたと。

内陸部でも自宅の被害が多い。
そして、家族が沿岸部に住んでいるという人も多い。
自宅があるからいいと みんなも大変だと 沿岸部の被害は計り知れないから
自分たちは 大変だと言ってられないと。。。


1人で抱える友人に
「無理しすぎないようにね」と
実に、虚しいことばしか かける事ができなかった

もっと 違う言葉が無かったのか…  

2012年03月18日

仮店舗移転


越路のアンパンマンの酒屋さん

震災被害があり 改修につき いったん仮店舗に 移るよ〜


  

Posted by kyoko san at 13:48Comments(0)

2012年03月15日

卒業式に



留学生達がジャケット姿!?

今日は ランゲージスクールで 行われる 卒業式に参加ですよ〜

ちなみに 彼らは 卒業生を見送る側です。
1年後の 卒業を目指し 苦手な 漢字を攻略しなければと
勉強熱心?な 留学生諸君でしたぁ

仙台ランゲージスクールの卒業生のみなさん! 卒業おめでとうございます〜
  

Posted by kyoko san at 09:24Comments(2)

2012年03月13日

長屋!集合住宅について


 東日本大震災後の住宅やコミュニティの再生について
 色々な計画案がある中で「コレクティブハウス」という
 言葉を目にすることが多くなってきたように感じます。

 集合住宅としてコレクティブハウスの特徴は、
  共同スペース(台所・リビングなど)があること
  庭や畑など 建物・敷地内を共有することがある
   
  などなど・・・

 今の日本では、 長屋の再生や
 志を同じにした 現代版のトキワ荘など

 新しいような 古いような コミュニティが創生されているようですね


 5年前ゲストハウスの管理人をスタートしてから
 さまざまな経験をさせて頂きました。
 多くの方々と生活を共にし、多くの事を経験し
 共同生活ができる空間が広がること
 海外の住人様から 海外で展開されている
 共同生活や 高齢者との関わりや 共同生活で生まれる
 雇用など 幅広く学ぶ機会を得たことを とてもうれしく思っています。 

震災後、住人様から「みんながいたから安心」だったとか
「一人暮らしだったら 実家に戻っていた」とか

色々 思う事はあるけれど、様々なケースを参考に
ぜひとも 東北に新しい形の 集合住宅が形成されることを
期待したいと思います。  

東松島市の復興まちづくり計画に「コレクティブハウス」

住みやすいまちなか住宅づくり


石巻市でも 集合住宅にコレクティブハウス

  


2012年03月12日

斬新なケース



にゅうフェイス の台湾から来た留学生 ややちゃん の スマホカバー なんと 赤ちゃんの靴下〜

この片割れ どうなってるんだろう?
  

Posted by kyoko san at 11:30Comments(0)

2012年03月12日

広瀬川



中島が 最終段階のようです
  

Posted by kyoko san at 11:27Comments(0)

2012年03月12日

氏神さま






復興した 鳥居と

復興を断念した 鳥居 石の鳥居はホゾが欠けているため 一部破壊してある状態で 残すそうです

近所にある愛宕神社は
ゲストハウスにとって 氏神さま
一年前の震災時 住人様を 守ってくれた 氏神さまに 感謝と 亡くなった方々への追悼 そして 苦しみの中にいる人々の明日に 穏やかな光を

欲張って お願いしてきました。
  

Posted by kyoko san at 00:03Comments(0)

2012年03月11日

愛宕神社にて





愛宕神社から 海に向かい 黙祷しょうと 参拝に行きました。

サイレンがなり 神主さんや数名の氏子さん など
  

Posted by kyoko san at 23:54Comments(0)