スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年07月30日

暑い日には


食欲がなくなります

そんな時は 唐辛子やわさびなど 調味料に入れると いいそうですよ

  本日は 食べるラー油をそうめんつゆに入れてみますよ!



これは品薄で幻という・・・ 桃屋ではないのですが 食べるラー油

旨友 ラー油

仙台で作ってるラー油で。。。こちらも 手作りのため品薄だって

藤崎地下でゲット

牛タン入りもありましたぁ

  暑い夏には お試しあれ~


  辛さも 2段階! 具がしっかりした食感が残ってますよ


  本日の夕飯 マーボー豆腐にも ちょっこと 入れてみますよ


  
  


Posted by kyoko san at 12:19Comments(0)生活情報(食)

2010年07月23日

大暑




仙台市中心で…38度 アスファルト恐るべし


庭の花は 朝顔やひまわりはまだ咲いてないのに

既に秋桜 コスモス開花
  

Posted by kyoko san at 15:49Comments(0)生活情報

2010年07月20日

東北大学 北門食堂






入り口注意

北門食堂まだ営業してますね〜

よかった\(^_^)/

もしかしたら 建設中も営業継続?
  


2010年07月20日

青葉区 柳町
























奥にそびえるのが 

8月1日にopenする森トラスト
景色がどんどん変わっていく仙台の中心部です

幻の地下道・・・も
なくなったのかね・・










大日如来様のお祭り


  小さなお祭りなのですが

  歩行者天国になっているので

  お祭り気分でゆっくり 露店も楽しめますね


  懐かしい感じ


  
  子供達が多いぞ!!って印象です


  型抜き?_でしたかしら?

  炎天下・・・小さな敵と戦っている子供達の
  額には大きな汗でしたね


  あと・・・少しの ところで・・・・ぼろっ・・・って成らないことを
  祈ります!
  


2010年07月20日

冷やし中華


黄色スイカのせました
  

Posted by kyoko san at 12:46Comments(0)生活情報(食)

2010年07月19日

2010年07月17日

青汁


梅雨明けするのかなぁ?

ちょっこし 夏バテ?気味にはクールな青汁一気飲み
  

2010年07月11日

キックボクシング

北欧のスナイパー





 元住人で スウェーデン人のモニカさんが出場する予定です

  なんと。。。。昨年末にプロになっており
  今回は3戦目
  これまでの勝敗は 1引き分け2敗(泣)

  今回はどうしても負けられない試合のようです


  できるだけ多くの人に応援をいただきたく
  先日ポスター持参でやってきました

  チケットは 本来5000円するものですが

「応援したい人?(笑)には、2500円~4000円でうりますよ~」って

 皆さん是非 「応援したい方」を募集します!

  2010年7月18日(日)
  KICK BOXING
  主催 DRAGON GYM
  会場:Zepp Sendai
  開場 17:00 開始 17:10

  なんでも・・DRAGON GYMでは 王者がいるとか


  当ゲストハウス住人 特にスウェーデンの留学生は
 キックボクシングが大好きのようで・・
  元住人が アマチュアで1名 現住人も 1名参加予定です

  モニカいわく・・・パンチが気持ちいいそうです

  こらから3キロの減量も待っているようです

  そうそう・・タイ大好きのナカユミさんのブログにも 同じ情報載ってましたね

  多くの方に観戦して欲しいですね♪
 
  
タグ :仙台


2010年07月06日

旅立ち





  この光の先に 何が待っているのかしら?


  その光を見たいと思って 人は一歩踏み出すのでしょうか?  

2010年07月04日

土木遺産 野蒜築港⑤

観光といえば

 やはり 食事も重要ですね

  こちらは 今回昼食をいただきました「望洋荘」さんのランチです



  うに!!!

   今が旬!!

  うに~  甘くておいしい!!

 それから 地産地消 !

 食材は 一部のお魚ちゃんを除いて

  地元食材!

  


サラダにも 贅沢に魚介!
ドレッシングがおいしかった!



たけのこも地場産

  ちなみに・・・
  中国の留学生が「このわかめ乾燥わかめじゃない!」って

 味の違いがわかる「留学生」も満足の

  ランチタイムでした

 

無言で食べ始め

もしかしたら・・男性諸君には量が少なめ?

 女性にとっては 満足感◎


  


2010年07月04日

土木遺産 野蒜築港④


  このエリアに「野蒜港」が建設されて

  大型船の乗り入れが可能になっていたら・・・


   宮城・岩手・山形・福島の未来は 大きく違ったものだったかもしれません

  海外貿易港「野蒜」から

  「北上運河」を利用して 岩手県へつながり
  「東名運河」で塩釜港・仙台へ
  「貞山運河」で福島県

  陸路では 同時期に 国道45号線の整備がスタートして
  山形県へつながる 交通網整備実施


 外国とのつながりを考え 国内整備を行った明治政府

  もし・・・大久保利通が暗殺されていなかったら・・・・

  もし・・・台風がなかったら・・

  もし・・・工期の順番が違ったら

  もし・・・もし・・・もし・・・と


 そして  もしも 坂本龍馬も暗殺されていなかったら

  日本の海運業は 違っていたのかもしれません
   
  
























 この海の先に アメリカ・イギリスがあり世界につながっているのだと・・

 暗礁に乗り上げた 工事を 引き継ぐ有志たちが

 宮城県内にいたのなら・・・・・・

 この 石碑が もっと 誇らしく見えたかもしれません

























鳴瀬川河口





  


2010年07月04日

土木遺産 野蒜築港③

 
 こちらが 今回ガイドをしてくれた

 野蒜築港ファンくらぶ 松川清子さん と 「祐神丸」 船長 大友さん


  野蒜築港のことが「大好き」って

  体からにじみ出ている 松川さん

  野蒜築港資料室にいつも?いるので 会いにきて~と
  言ってました

 

























   船長 大友さん

  いつもは「漁師さん」です

  この日の午前中はあ「スズキ」を捕ってきたそうです



  


2010年07月04日

土木遺産 野蒜築港②


  さて・・・

  こちらは 北上運河

  現役の「運河」です


   野蒜築港の際に「石巻港」とつながる「水路」として

  整備され 昭和初期には 石などを積んだ船なども
  ここを利用していたようです

  
























  現在は 漁船が利用しているようです



























 「北上運河」と「野蒜築港跡」などで

 観光客誘致ができないか?というのが

  今回の「テーマ」です

 
























  学生の皆さんは 色々なことを熱心に話してました




  これは「野ばら」です

    写真では「しろ」に写ってるかもしれませんが・・・・


   ふちの辺りから 「ピンク」の 「野ばら」でした

  船頭さんが 野ばらで「ピンク」は珍しいので

  舟を近づけて見せてくれました
  


2010年07月04日

土木遺産 野蒜築港①

  2010年7月3日

  宮城大学院生の方々宮城大学宮原育子教授らと

  宮城県内にある「土木遺産めぐり」を して来ました

  私などは・・
  「野蒜」ときくと・・

    「海水浴」「元旦の朝日」・・・そして 「海鮮」  と いうぐらい

  矢本で ブルーインパルスですかね~


  
  そんな 野蒜では

   今から130年前にとても大きな「国家プロジェクト」が
   行われていたのだそうです


   明治維新の立役者でもある「大久保利通」が

   「海運」「水産業」「貿易」は国民生活に欠かせないとして

  
  近代国家日本をつくるため 港湾整備をスタートする

  その「第1歩」が なんと!!「野蒜」だったと・・・・・・
   


























  ここは 野蒜築港跡 「北上運河」に近い「下の橋」
  この橋で「旧市街地」と「市街地跡」を結んでいたそうです


  このレンガ積みの手法は「イギリス積み」という
  強固なものだっそうです


  

























  橋げたは「3本」


  幅は広いのですが・・・


   明治時代なら・・馬と牛と人  ぐらいが 通るものだと思うので

  こんなに 橋幅が必要ではないかと思うですが


    自動車社会も見越していたのでしょうか?
   






  後ろにチラッと見えるのが  現在の 「トラック」です


  こうみても・・・橋幅があるのが わかりますか?